クレンジングの基礎講座

購入前に知りたい!クレンジング料のメリット・デメリット

DUOクレンジングバーム

近年、クレンジング料は発売しているブランドの多さだけではなく
種類もとても多くなりました。

配合されている成分はもちろんですが
テクスチャや香りなどユーザーに 
”欲しい!”と思わせる工夫がされているように感じます。

管理人
管理人
自分のお肌にあうクレンジングを選びたいよね~
友人が使っているものが自分に合うとは限りませんよ。

お肌の状態は、個人それぞれ違いますから
Aさんが「これ、いいよ~」と言ったものが
実際に使ってみると、たいして良くなかったりすることもあります。

なので、まずは
それぞれのクレンジングのメリット、デメリットについて
考えてみましょう。

購入する前の参考になると思います。

オイルクレンジング

オイルがメインのクレンジングですね。
使っている人は多く、洗浄力が強いと言われています。

なので、濃いメイクをした時には
オイルクレンジングは欠かせません。

ポイントメイク専用のクレンジング料も
オイルクレンジングです。

洗浄力が高いぶん、お肌への負担も大きくなりますが
それぞれのメーカーで
少しでも負担を軽減できるように、工夫がされています。

このタイプで人気のクレンジングは
「アテニア スキンクリア クレンズ オイル」です。

クリームクレンジング

クリームタイプには、拭きとるタイプと洗い流すタイプがあります。

クレンジングだけではなく、
マッサージもできるようになっているものがほとんどです。

ただ、ついお肌をこすり過ぎてしまので
手早く、やさしくことが大切です。

このタイプでひとつあげると
「モイスティシモ クレンジングクリーム」がイイ感じですね。

ミルククレンジング

乳液のようなテクスチャで優しいのですが
洗浄力はあまり期待できません。

ナチュラルメイク向きだと言えますね。
刺激が少ないので、敏感肌の人は使ってほしいです。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングと言ってもいろいろあり
水性や油性、または
ホットクレンジングもあります。

トロッとしたテクスチャで使いやすく
お肌への負担も大きくありません。

オイルタイプとミルクタイプの
中間に位置すると思っていいかなと思います。

冬場、気温が下がると
ジェルを伸ばしにくくなるので
手のひらで温めて使うようにしましょう。

人気のクレンジングジェルとして
「マナラ ホットクレンジングジェル」
「オルビス クレンジングジェル」などがあります。

「購入前に知りたい!クレンジング料のメリット・デメリット」のまとめ

管理人
管理人
マツエクOKのクレンジングはいろいろあるから
選ぶのも楽しくなるよね。

ご紹介したほかにも
水クレンジングだったり、リキッドクレンジング、シートタイプなど
いろいろあります。

ココ大事

メイクの濃さ、お肌の状態などによっても
その時に適したクレンジングは違ってきます。
大体のメリットやデメリットを頭に入れておきながら
お肌を傷めないように、賢く使っていきましょう。