クレンジングの基礎講座

購入前に知りたい!クレンジング料のメリット・デメリット

DUOクレンジングバーム

近年、クレンジング料は発売しているブランドの多さだけではなく
種類もとても多くなりました。

配合されている成分はもちろんですが
テクスチャや香りなどユーザーに 
”欲しい!”と思わせる工夫がされているように感じます。

クレンジングのメリット・デメリットをチェック!

管理人
管理人
自分のお肌にあうクレンジングを選びたいよね~
友人が使っているものが自分に合うとは限りませんよ。

お肌の状態は、個人それぞれ違いますから
友人が「これ、いいよ~」と言ったものが
実際に使ってみると、たいして良くなかったりすることもあります。

なので、まずは
それぞれのクレンジングのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

購入する前の参考になると思います。

オイルクレンジング

成分はオイルがメインのオイルクレンジング。
多くの種類が販売されていますし、
なめらかで使い心地がいいので多くのファンがいます。

クレンジングの中では落ちにくいポイントメイクから
大気中の汚れまで落としてくれる洗浄力に優れたクレンジングです。

そのヒミツは界面活性剤にあります。
界面活性剤によってメイクや皮脂などの汚れを浮き上がらせ
それをぬるま湯で洗い流します。
脂汚れは油で!という感じですね。

今お伝えしたように、オイルクレンジングの特徴が
そのままメリットと言えます。

いつもばっちりメイク、濃いメイクをしているなら
オイルクレンジングがとても重宝するでしょう。
洗浄力に優れているので
メイク汚れや皮脂汚れまでスキっと落としてくれます。

濡れた手でも使えるタイプやW洗顔不要のタイプなど
使い勝手が良いのもメリットですね。

濃のいメイク派人にはうれしいオイルクレンジングですが
洗浄力が強いということは
お肌へ刺激があり、負担も大きくなるということです。
界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせるために必要ですが
刺激が強くなってしまうんですね。

お肌に必要な皮脂や天然保湿成分まで
取ってしまうことがあります。

ですから乾燥肌や敏感肌の場合は
お肌のトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

また、オイルはなめらかなのですが
ついお肌をこすり過ぎて傷つけてしまうことも。

オイルクレンジングは乳化させることが大事です。
乳化とは、
「汚れを包み込んだオイルに、水を加えて混ぜ合わせること」です。
乳化することで、汚れをすっきりと洗い流せるのですね。

クレンジング後のべたつきが気になる場合は
乳化させていないのかもです。

クリームクレンジング

水とオイルのバランスが整っているクレンジング料だと言われています。
お肌への負担がオイルクレンジングよりも小さいので
敏感肌などお肌が弱くても大丈夫です。
洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

オイル成分の配合量がオイルクレンジングに比べ少ないので
お肌への負担が少なく、安心して使うことができます。
また、保湿効果が期待できる製品も多いのもうれしいメリットだと言えます。

お肌に良いということは
洗浄力が弱いということですね。
また、洗い流すタイプ、拭き取るタイプともに
W洗顔が必要になります。

拭き取るタイプはお肌をこすってしまいがちになるので
注意をしましょう。
べたつきがあるので、この感覚が苦手だったら
使わないほうがいいですね。

クリームクレンジングは、お手頃価格な商品もあるので
使っている人は多いですね。
使う場合はお肌のことを考えて、洗い流すタイプがいいかなと思います。

ミルククレンジング

乳液のような、とろりと柔らかいテクスチャが特徴です。
お肌へにつけた感じもすべりが良く、気持ちがよいですね~。

界面活性剤が少なめなので、お肌への負担が少ないというのが
いちばんのメリットだと言えますね。
「お肌へ優しい」と謳っているミルククレンジングがほとんどです。

お肌に必要な皮脂や天然保湿成分を残して
汚れだけを落としてくれます。
お肌が弱い人も安心して使うことができます。

お肌に優しい洗浄成分なので
「物足りない」と感じる人もいます。
ばっちりメイクをした日は、
ミルクタイプではきれいに落としきれないと思って間違いありません。

ナチュラルメイク向きだと言ってもいいと思います。

メリットとデメリットは相反するのですが
お肌の状態やメイクの仕方によって、使い分けるといいですね。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングと言ってもいろいろあり
水性と油性、その中でオイルが入っているものと入っていないものがあります。

トロッとしたテクスチャで使いやすく、お肌への負担も大きくありません。
オイルタイプとミルクタイプの中間に位置するクレンジング料です。

・水性タイプ(オイルフリー)
さっぱりとした洗い上がり
Wエクステに使用できる

・水性タイプ(オイルイン)
お肌にも優しく洗浄成分とのバランスが良い
ナチュラルメイクに向いている

・油性タイプ
洗浄力がよく界面活性剤の量が少ないのでお肌への負担も少ない
お肌が乾燥しにくい

・水性タイプ(オイルフリー)
洗浄力が弱くメイクがきちんと落ちないことも。
メイク落ちが良い場合は界面活性剤の量が多い

・水性タイプ(オイルイン)
クr-無やミルククレンジングに比べると、肌が乾燥しやすい

・油性タイプ
オイルが主成分なのでマツエクを使用している人は使うことができない

人気のクレンジングジェルとして
「マナラ ホットクレンジングジェル」や「オルビス クレンジングジェル」などがあります。

「購入前に知りたい!クレンジング料のメリット・デメリット」のまとめ

管理人
管理人
メリット・デメリットのまとめだよ!

メリットとデメリットは相反するようなことも多いです。

使ってみないと分からない事もありますが、購入前にメリットやデメリットはできるだけチェックしておきましょう。
ご紹介したほかにも水クレンジングだったり、リキッドクレンジング、シートタイプなどいろいろあります。

メイクの濃さ、お肌の状態などによっても、その時に適したクレンジングは違ってきます。
大体のメリットやデメリットを頭に入れておきながら、
お肌を傷めないように、賢く使っていきましょう。
購入前の参考にしてくださいね。