クレンジングの基礎講座

毛穴を広げてしまう5つの習慣/あなたは大丈夫?

DUOクレンジングバーム

毎日何気に行っているいつもの習慣、スキンケア。
その方法が毛穴に取ってやってはいけない事だとしたら・・。

ちゃんとスキンケアを丁寧に行っているのに
毛穴が目立っていると思っていたら、その方法は間違っているのかもしれません。

毛穴を広げてしまう習慣1.~脂っこい食事や甘いものが大好き

あなたの食生活、お肌に良いものを摂っていますか?

胡坐っこい食事や甘いものを取り過ぎると
お肌の皮脂分泌が過剰になってしまうんです。

チョコレートを食べすぎるとニキビができる・・と言いますよね。

キメの細かい素肌のためには
毎日の食生活も重要な要素です。

栄養バランスが整った食事、特にビタミン群は大事です。
ビタミンB1やB2は皮脂をコントロールする働きがあります。

豚肉、玄米、海苔、納豆、しめじなど
毎食に取り入れたいものですね。

毛穴を広げてしまう習慣2.~表情の変化が乏しい

今は仕事でもPCは欠かせません。
毎日PCに向かっていると、知らず知らずのうちに
無表情になっているんです。
むしろ、口角がさがって眉間にしわを寄せているかもしれませんね。

これではお顔はたるんでいく一方です。

意識して表情筋を動かしましょう。

中でも表情筋の一つ、「側頭筋」(そくとうきん)は大事です。
顔の側頭部、耳の前にある筋肉で
顔の皮膚や脂肪を支えています。

こめかみあたりから頭の方に
ぐいっと引き上げるストレッチを行いましょう。
側頭筋を本来の位置に記憶させるのですね。

そして日頃から口角をあげるということも意識しておきましょう。

表情も明るくなりますよ。

毛穴を広げてしまう習慣3.~日頃から睡眠不足

美肌のためには睡眠は大事ということは常識ですよね。
それは分かっているんだけど
毎日忙しくて睡眠は5時間程度で慢性的な寝不足・・ではありませんか?

一般的に夜の10時から夜中の2時の間はゴールデンタイムだと言われていますが
必ずしもそうではないようなんです。

「この時間に成長ホルモンが分泌されるから」だそうですが
ある睡眠コンサルタントの話によると
眠ってしまうと成長ホルモンが分泌されるんだとか。

眠る時刻よりも睡眠時間が大事だという話でした。
最低7時間。。。

日本人は他の諸国に比べると睡眠時間が短いので
極力時間をとるように意識したいですね。

毛穴を広げてしまう習慣4.~若いころと同じケアをしている

年齢を重ねていくと、残念ですがお肌の状態は変わってきます。

若い頃は多少無理をしても、翌日にはすっぴんでいられるほど
素肌はキレイに戻っているのに
アラフォーになると、すっぴんなんてとんでもありませんよね~!!

お肌のハリや潤いがなくなり乾燥しがち。
毛穴もめだってきます。

ですから、若いころと同じようなケアをしていてはダメなんです。
気付かないうちに化粧品が合わなくなっているはずです。

化粧水だけで済ませていてはNG!

保湿重視のケア方法にかえていきましょう。

毛穴を広げてしまう習慣5.~クレンジングを疎かにしている

クレンジング&洗顔はスキンケアの基本です。
美肌へのケアは、汚れを落とすことから始まります。

20代の頃は丁寧に行っていたクレンジングも
毎日忙しかったり夜遅くて忘れてしまったりと、
そんな日が続くと、いい加減なことが当たり前になってしまいます。

気がつくと毛穴が目立っていたり黒ずんだり。
そうなる前に、スキンケアの基本を思い出してくださいね。

メイクで毛穴を隠そうとしても
なかなか隠れないんですよ。

「毛穴を広げてしまう7つの習慣/あなたは大丈夫?」のまとめ

以上、NG習慣についてお伝えしました。
思い当たることはありませんでしたか?

分かっているのに、ついやってしまっていることって
あるんですよね。

この機会に、今の生活習慣を見直してみましょう。

一度身についてしまった習慣は
なかなか変えるのは難しいです。
人間は「変えることを嫌う」からなんです。

でも意識次第で 今からでも変えることはできますよ。

5年後の美肌をイメージしてケアをしていきましょう。